飫肥杉

飫肥杉(おびすぎ)は宮崎県南東部の日南市付近で育成されているスギで、油分が多く腐りにくい材質から、江戸時代のころは船や建築物の資材として使用されていた品種。
発根性に優れており、挿し木時の活着が良い特性があり、1年目の成長が早い。

取り扱い品種一覧表

品種名 初期成長 30年材積 花粉対策品種
タノアカ
県西臼杵4号
高岡署1号
県姶良20号

タノアカ

30年材積であるスギで、発根性に優れており、根の張りが良い。
材質的にも強度がある品種。

県西臼杵4号

30年材積であるスギで、ひずみが少ない。
枝張りが良く、幹の通直性も良いので採材に支障が少ない。

高岡署1号

30年材積であるスギで、成長するまで時間がかかるが、樹高や幹の完満性が良い。
また、花粉症対策品種でもある。

県姶良20号

初期成長(5年次)に優れた品種で、ひずみが少ない。
また、花粉症対策品種でもある。

エリートツリー

「精英樹」と呼ばれる林木の中でも成長が優れている、選抜されたもの同士をかけ合わせて、さらに優れた個体が「エリートツリー」です。

エリートツリーは農林水産大臣が「特定母樹」として指定しており、成長の良さ、材の剛性が平均以上、幹の通直性、雄花着花量の少なさを基準に定められます。

現在、育成中により販売は行っておりません。